新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「職人不足指数」の公開を始めます【2020年3月】

概要

ユニオンテックの運営する建設工事マッチングプラットフォームCraftBankのデータベースを基に、「案件掲載数÷発注者数」を指数化したものを「職人不足指数」と命名し、毎月、ConTech総研noteにて公開します。

「職人不足指数」は「発注者が職人探しにどのくらい困っているか」を客観的に示した数値です。大きければ大きいほど、発注者が職人探しに困っている=職人が不足していることを表しています。

定義

「職人不足指数」の計算方法は下記の通りです。

計算方法

例えば、2019年10月を基準月とした場合、2019年10月の「職人不足指数」は1.00となります。

直近6か月の推移

2019年10月から2020年3月までの職人不足指数の推移は下図の通りです。

職人不足指数1910-2003

グラフからは、2020年3月が0.82と、大きく落ち込んでいることがわかります。発注者ひとりあたりの案件掲載数が前月比18%減であることを意味しています。

建設業界の3月は繁忙期であるという業界の常識に反するこの急減が、新型コロナウイルス感染症の影響なのかどうか、考察します。

比較①昨対比

前年同月比のグラフを見ると、先月の職人不足指数が著しく低いことが分かります。

職人不足指数1810-1903_1910-2003

2018年10月を基準月(1.00)とすると、2019年3月の「職人不足指数」は2.68にまで跳ね上がっています。

比較②建設工事受注動態統計調査報告(国土交通省)

国土交通省「建設工事受注動態統計調査」では、毎月の建設業全体の受注額が公開されています。

2016年12月から2019年11月までの3年間を平均すると、毎月の受注額は以下のように推移していることがわかりました。

受注額内訳

1年間に建設業が受注する金額の約20%は3月に発生することを表しています。

※「職人不足指数」は案件数を単位としているのに対し、「建設工事受注動態統計調査」は金額を単位としているため、apple to apple の比較とは言い切れず、参考値であることにご注意ください。

まとめ

以上2つの比較を踏まえると、下記の示唆を得ることができます。

・平時においては、3月は他の月の2~3倍、職人不足になる傾向がある。

・一方、今年3月は、直近半年の中で最も職人が不足していない(10月よりも20%近く)

・したがって、今年3月の建設需要は、例年の1/2~1/3に落ち込んでいる可能性が高い。

今後も、月次で「職人不足指数」を公表します。また、今回は取りあげていませんが、国土交通省は資本金300万円以上の許可業者を対象に「建設労働需給調査」を月次で実施しています。こちらも参考にしてください。

この記事を書いた人:田久保 彰太(ConTech総研)

ConTech総研のTwitter


ありがとうございます!
6
クラフトバンク総研は、「Construct the Connection」をテーマに、民間建築業界のいまとこれからを研究・発信してまいります。 建設系専門紙で連載中 https://chikalab.net/rooms/112

こちらでもピックアップされています

【毎月15日更新】職人不足指数
【毎月15日更新】職人不足指数
  • 4本

CraftBankの「発注者1社あたり案件掲載数」を指数化し、月次で毎月15日に公開しています。最新の職人不足の指標としてご参考ください。

コメント (1)
興味深い内容でした。プログラミングやIT関連の投稿をしている「はぐれメロン」と申します。これからも拝読させていただきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。