見出し画像

【職人不足指数】建設業は当面”買い手市場”が続くか【2020年8月】

2020年8月の職人不足指数は0.76(前月比-0.09)でした。

キャプチャ

8月の職人不足指数は前月から更に0.09ポイント低下しました。

社会・経済活動の全体は徐々に元に戻りつつある一方、建設業の冷え込みはむしろこれからが本番かもしれません。

「人手不足(売り手市場)」から「仕事不足(買い手市場)」への転換がいつまで続くか、今後も注目する必要がありそうです。

なお、職人不足指数の概要については、以下の記事をご参照ください。

この記事を書いた人:田久保 彰太(ConTech総研)


ありがとうございます!
4
クラフトバンク総研は、「Construct the Connection」をテーマに、民間建築業界のいまとこれからを研究・発信してまいります。 建設系専門紙で連載中 https://chikalab.net/rooms/112
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。